A:ストーブ本体の前面や排気の出口周辺は高温になります。
燃えやすい物が無いようご注意ください。
また、排気管表面も高くなることがあります。
低温炭化火災などに注意が必要ですので、壁貫通部の断熱等、安全を考えた施工をしなければなりません。

ページのトップへもどる